デカルコマニー

今日は来月の節分に向けて

鬼のお面を製作しますよ

s_P1100618

デカルコマニーってのをやりますね♪

 

【デカルコマニーとは】

デカルコマニー(décalcomanie:仏)は、紙と紙などの間に絵具を挟み込み、その上から圧力をかけることで、絵具は押しつぶされて広がり、作者の意図しない偶発的な形態を得ることができる技法です。 フランス語の「décalguer(転写する)」に由来します。

 

わかりました?

みなさん、やった事あるでしょ?

片面に絵の具を好きな模様でグリグリ描いて

s_P1100622

紙(ここでは牛乳パックね)を半分に折り

s_P1100623

手で力いっぱい圧力かけて

s_P1100624

パッ!と広げると。。。

s_P1100621

いい感じの模様になります

 

うーん、、

初めの模様のデザインも大事だけど

s_P1100626

圧力をかけた時に広げる為の絵の具の量も大事だね

s_P1100629

あとは、圧力をかける押す力…

s_P1100628

s_P1100631

結構な力で押すと

いい感じに絵の具が広がり混じります

 

自分のが出来上がったあとは

お友達がどんなふうに出来上がるか

気になって気になって

s_P1100632

ついつい周りを取り囲んじゃいます

で、なぜか

力を入れて圧力をかけている時に

頑張れ〜頑張れ〜って応援していました

s_P1100634

そろ〜っと広げて出来上がった作品を見て

今度は大絶賛!!

s_P1100635

こうやって

自分の作品だけでなく、人の作品も見て

驚いて・感心して・影響を受ける…

とても大事な事ですよね

 

にしても。。。

s_P1100636

取り囲みすぎだよ

 

Got something to say? Go for it!


− 1 = 3